マンション投資なら大手前コンサルティングにお任せください。

マンション投資がサラリーマンの皆様に選ばれる理由について

・サラリーマンのみなさまが行うマンション投資のメリットは「少ない元手ではじめられ る」 「不労所得」 「利回りの良さ」などがあります。 不動産投資というと大金を用意しなければならないと思われがちです。しかし、実際は、自己資金10万円からはじめられるマンション投資もあります。

・マンション投資は基本的には不労所得です。休日、家族と旅行へ行って楽しんでいる時にも、不動産は勝手に利益を産んでくれるので嬉しい限りです。不動産の管理といった面倒な仕事も、専門業者に任せることもできます。

・一方、マンション投資の利回りの良さにも注目して欲しいです。お手頃な中古マンションの一室を購入して貸し出しても与へ6%、マンションを一棟買いすれば、4%以上の利回りも可能です。メガバンクにおける預貯金の金(0.02~0.03%)に比べれば実に100倍以上の利回りなのです。

・サラリーマンがマンション投資を行う際に得られるメリットは与つあり、これまで「少ない元手ではじめられる」「不労所得」「利回りの良さ」の3つをご紹介しましたが、残りは、「節税対策」「生命保険」です。 あなたの所持する現金をそのまま子供や孫に相続させたり贈与したりするより、現金で投資目的の不動産を購入して子供や孫に相続〃贈与させる方が「節税対策」になる ことがあります。 例えば、現金を相続させたり贈与したりする場合の課税対象は2000万円で、不動産の場合は500~700万円が課税対象となり、場合によっては支払う税金が1/3となります。一方、不動産をローンで購入する場合、団体信用生命保険に加入することになりますが、金融機関がローンの加入者を一括して生命保険会社に申し込みます。そのため、割安な保険料であったり、年齢による保険料の差がなかったりします。この「生命保険」に加入するここで、万が一、ローンの残金が残ったまま、あなたが亡くなってしまっても、ローンの残金の返済義務は免除され、残った不動産は遺族のものとなります。このようなことから、マンション投資はあなただけではなく、家族にとってもメリットがあります。一度、真剣に考えてみてはいかがでしょうか?